全身脱毛によるトラブルを避けるためには、どうすれば良いですか?

全身脱毛の広告って雑誌やCMなどでよく見かけますよね。「自分もムダ毛のないスベスベの体になりたい」と思っている人は多いと思います。
しかし、残念ながら全身脱毛は100%安全なことだとは言い切れません。

70度近いレーザーやフラッシュを毛根に照射するため、皮膚にヤケドや湿疹ができてしまうリスクがあります。
少しでも皮膚トラブルのリスクを避けるには、どうすれば良いのでしょう?

トラブルになりがちなタイプとは?

レーザーやフラッシュは、黒いもの(毛根)に反応して照射されます。
しかし、日焼けしている皮膚やホクロなど、毛根以外の黒いものにも反応してしまうことがあります。
その結果、皮膚がヤケドを負ってしまうのです。
また、乾燥肌の人もトラブルになりがちなため、普段からしっかりと保湿ケアをしておきましょう。

生理中は、肌の調子もホルモンバランスも悪くなるため、健康な肌の人でもトラブルが起きるおそれがあります。
生理中でも、VIOゾーン以外であれば脱毛可というサロンもありますが、トラブル防止のため止めたほうが良いでしょう。

安心できるサロンとは?

脱毛マシンの出力パワーは、スタッフがひとりひとりのお肌の状態に合わせて調節しています。
ですから、無名の小さなお店ではなく、施術経験の豊富なベテランが揃っている大手サロンを選ぶようにしましょう。また、ドクターサポートが受けられる大手サロンを選ぶことも大切です。

ドクターサポートとは、トラブルが起こった場合すぐにサポートが受けられるというもの。例えば、提携している医療機関を紹介するほか、病院までの交通費や医療費などをサロンが負担してくれます。
悪質な脱毛サロンでは、「うちと、あなたの皮膚トラブルとは関係がない」と責任を認めず、医療費を払ってくれないケースがあります。

まとめ

全身脱毛をするときは、まれにヤケドや湿疹などが起こる可能性があります。
日焼けや生理中、乾燥といったトラブルが起きやすい状態のときは、施術を避けるようにしましょう。また、万が一に備えて、ドクターサポート付きの大手サロンを選ぶようにしましょう。

全身脱毛TOP